高校受験 直前の勉強

過去問は早めに

入試本番まで1ヶ月になったら、必ず過去問は解いておきたいですね。

 

(もっと先に解いてあるとさらに良いです。)

 

書店に地元の「公立高校入試問題」が販売されているので、

 

何種類か手にとって、できるだけ解説が詳しいものを購入しましょう。

 

自分でやって「力試し」をするのですから、解説が少ないと自力でやるのが大変になります。

 

 

やってみるときは時間を計り、制限時間内にどれだけできるか試しましょう。

 

答えあわせをして、間違えた問題は解き直してみましょう。

 

どうしても解き方や考え方がわからない問題は学校の先生や塾で質問します。

 

分からないままにしておくと精神的にも良くないですね。

 

不安な気持ちは入試の大敵。 必ず解決しておこう。

 

3年分を解けば、だいたいの傾向や印象が分かると思います。

難問を避け、守りの勉強に

 

最後の追い込みだからといって、

 

難しい問題をガンガン解くのがよいかといえば、

 

実はそうでもありません。むしろ逆です。

 

 

公立は似た学力の生徒が集まりますから、

 

本当に「1点勝負」の世界です。

 

入試当日の点数が同点になる子も大勢います。

 

試験当日は、完全にわからなかった問題ではなく

 

「わかっているつもりが間違えた」

 

「覚えていたのにド忘れした」

 

これらが一番悔しくもったいないわけです。

 

 

ですから、手持ちの問題集で

 

答えを書き込んでいないものはどんどん書き込み、

 

知識の「上塗り」をしていきましょう。

 

確かなものもより強固な知識としていきます。

 

受けてきた模試ももう一度解き直してみましょう。

 

答案用紙の代わりのノートは使わず、

 

問題用紙に直接、書き込んでいけばいいでしょう。

 

 

攻めから守り中心の勉強へ・・・

 

最後のスパートをかけるときです。

 

 

風邪をひかずに頑張ろう!!