志望校に合格するための英語の勉強の仕方

英語授業

 

高校入試に向けて、英語の勉強は進んでいますか?

 

英語は何をすればいいかわからない人に、
高校受験勉強のやり方を紹介します。

 

どんな高校に入学しても英語の授業はあるので、
苦手な人も少しでもわかるようにしておきたいです。

 

英語学習には3つのポイントがあります。

 

3つのポイントと対策を参考にしてください。

 

教科書の基本英文を読めて書ける

 

英文

 

中学校の教科書には単元ごとに「基本文」があります。

 

単元とはユニット、レッスン、プログラムなどのことです。

 

1つの単元で3文ほどの基本英文が出てくるので、
すべての基本英文を読めて・意味がわかって書けるようにしましょう。

 

1年から3年の各教科書の巻末に
その学年の基本英文がまとめて書いてあります。

 

巻末でまとめてチェックしてみるといいでしょう。

 

すべて読めて和訳できて書けたら、
高校への基礎も大丈夫と考えていいです。

 

単語力をきたえる!

 

英単語

 

高校入試の英語は長文読解、対話文、英作文、リスニング、
並び替え、発音やアクセントなどで構成されています。

 

どの問題も単語の力がものを言います。

 

長文や対話文は読み取りの力ですが、
読み取りの基礎になるのは単語の知識です。

 

中には、知っているだけで解ける問題もあります。

 

では単語力をつけるにはどうしたらいいでしょうか?

 

単語力をつける2つの方法

 

英単語

 

英単語をたくさん知っているかどうかは
高校入試の合否の分かれ目と言っていいでしょう。

 

では、どうやって単語の知識を増やせばいいでしょうか?

 

2つの方法をしょうかいしますので、
自分に合った方法を取り入れてみてください。

 

もちろん、両方するのがいいです!

 

1、単語の本を買って覚える

 

一つは単語の参考書や問題集を買って覚える方法です。

 

2冊紹介しますので、どちらか選んでください。

 

英単語本

 

イラスト

 

角川の「中学3年間の英単語をイラストでおぼえられる本」

 

わかりやすいイラストで英単語をイメージで覚えられます。

 

英語が苦手な中学生におススメの本です。

 

すきま時間でいいので、毎日見るといいでしょう。

 

得意な人は「速単」がおススメ

 

速読英単語

 

Z会の「中学版 速読英単語」

 

2冊目は大学受験「速単」でおなじみの中学版です。

 

高度な英単語を英文で覚える単語集ですから
ある程度英語が得意な中学生はこちらをおススメします。

 

英語の勉強の締めくくりとして、この「速単」を使って、
毎回10分〜15分を単語の勉強にあてるとよいでしょう。

 

2、対話文や長文の中で覚える

 

単語本を買って覚える方法を紹介しましたが、

  • 単語だけだと覚えにくい
  • 本を開くのが面倒くさい
  • やったけど続かなかった

これらの理由でやめてしまった人がいるかもしれません。

 

そんな人は、英文を読みながら単語量を増やす方法をおススメします。

 

速単長文

 

これは「中学版速単」のページです。

 

左に長文があり一部の単語が赤字になっています。

 

右は和訳で赤字の単語の訳がわかるようになっています。

 

つまり、長文を読みながら単語のチェックをして、
分かる英単語を増やせるようになっています。

 

単語の本で上手くいかなかった人は、
英文の中で単語を覚える方法を試してください。

 

長文を読む練習にもなって一石二鳥ですね。

 

英語長文読解をたくさん読む!

 

長文問題

 

高校入試の英語はリスニング、対話文、長文、並び替え、
単語の発音やアクセント、英作文で構成されています。

 

なかでも配点が大きいのが長文読解です。

 

偏差値55以上の中堅校や上位校を目指す中学生は、
ぜひ長文読解をたくさん練習して得点したいです。

 

英語長文練習のポイントを3つ紹介します。

 

1、英文の先頭から訳す

 

長文読解は時間が足りなくなります。

 

そこで英文を読む時間を短くする方法を紹介します。

 

次の英文を訳してみてください。

 

I think that Mr.Tanaka is a good teacher.

 

「田中先生は良い先生だと私は思います。」

 

このように訳してしまうと、時間がかかります。

 

英文全体を見て、頭の中で整理してから日本語に直しているからです。

 

頭の中で整理せずに、英文の先頭から訳します。

 

I think (私は思います)

 

that Mr.Tanaka is a good teacher.(田中先生は良い先生だと)

 

このように先頭から訳し戻らずに読み進めます。

 

すると頭の中で日本語を整理する時間が必要なくなります。

 

ぜひ練習してみてください!

 

2、答えの根拠を本文中に見つける

 

これは国語の勉強法と共通なのですが、
英語も問題文の最初に書いてあることは同じです。

 

次の英文を読んで次の問いに答えなさい。

 

他の教科は「次の各問いに答えなさい」と書いてあります。

 

この違いは何を意味しているでしょうか?

 

次の英文を読んでから答えるということは、
英文の中に正解が書いてあることを意味します。

 

つまり正解は考えるのではなく、本文から探すのです。

 

問いを見てから本文を読む

 

また、すぐに本文を読み始めるのではなく、
問いにひと通り目を通してから本文を読みます。

 

問いが英語の場合は日本語にしてから探すといいでしょう。

 

問1:When did Aya do her homework?
    いつ   アヤ    宿題

全部を訳すと時間をロスするので、
少しメモしてから本文を読んで答えを探します。

 

本文に合うものを選択する問題も、少しメモしてから
本文で吟味すれば時間短縮になります。

 

3、同じ英文でも何度も読む

 

中3生の受験指導を長年やっていると

  • 練習しても長文に慣れない
  • 読むスピードが上がらない
  • 正解できるようにならない

毎年このように悩む生徒がいます。

 

正しい勉強法は教えてやっているので、
解決する方法は練習量を増やすことです。

 

何も新しく問題集を買う必要はありません。

 

以前に読んだ英語長文をもう一度読んでください。

 

最初に読んだ時よりスピードアップし、
理解が深まって正解数が増えるはずです。

 

わからない単語や訳がわからない英文はチェックして
解答に付いている「全訳」で確かめましょう。

 

ひとつの長文につき3回以上読んだら、
新しい問題集を買ってもらうようにします。

 

英検3級・準2級の勉強もおススメ!

 

英検3級問題集

 

ここまで高校受験の英語勉強法を紹介してきました。

 

中3の受験生には、英検3級や準2級の勉強もおススメです。

 

英検の出題は高校入試に役立つものばかりですし、
単語・熟語の知識を増やし長文読解の練習もできます。

 

しかも合格すれば内申点のアップになります。

 

3級の目安は「中学校卒業程度」です。

 

年間3回の試験がありますから、
ぜひチャレンジしてください。

 

英語が得意な人は準2級もチャンスがあります。

 

それでは、志望校合格に向かって勉強頑張ってください!

 

 

高校受験塾を経営する私が
志望校に合格するための勉強法をまとめました。

 

ダウンロード

 

印刷配送